DESMOND RegaMasterEVO 17inch 8J offset+35mm pcd100mm-5H 重量計測結果

スポンサーリンク

DESMOND RegaMasterEVO 17inch 8J offset+35mm pcd100mm-5H 重量計測画像

RegaMasterEVOの重量計測結果に関する投稿は、今回で4回目なので、その説明ついては過去のものを引用します。

『DESMONDのRegaMasterEVOは、ロシア航空宇宙産業技術を採用し、1万トンもの高圧力で成形された鍛造1ピースホイールです。ロシア航空宇宙産業技術を採用しているとの話の通り、RegaMasterEVOの裏リムには「Made in Russia」、ロシア製としっかり刻印されています。RegaMasterEVOのカラーバリエーションは、ソリッドホワイト、シルバー、アルマイトグレーが存在していました。このホイールは既に絶版モデルとなっていますが、その軽さから多くのユーザーの支持を得て、今もオークションなどでは高値で取引される超人気ホイールでもあります』

このホイールの重量を計測してみたところ、7.25kgになりましたので軽量ホイールと認定しました。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

DESMOND RegaMasterEVO 17inch 8J offset+35mm pcd100mm-5H(鍛造1ピース、アルミバルブ付き、バランスウエイト35g付き)7.25kg

17インチホイール重量ランキングはこちら!

一昨日、(EVOではない)オリジナルモデルのRegaMasterの重量計測結果を公開していますが、そのサイズは17inch 7J offset+45mm pcd114.3mm-5Hで、重量は7.40kgでした。今回重量計測結果を公開した派生モデルのEVOは、それよりも太い8Jにもかかわらず 7.25kgで、150gも軽量になっています。リムの太さだけでなく、一般的にはプラスオフセットの値が小さいと、ハブ接合部分の金属の厚さが厚くなるので、より重くなります。今回重量計測結果を公開した派生モデルのEVOは、オリジナルモデルのRegaMasterと比べてハブ接合面も厚いのですが、それでもオリジナルモデルのRegaMasterより軽量に仕上がっているのは凄いですね。派生モデルのEVOは、オリジナルモデルのRegaMasterをさらに軽量化したものなので、納得の結果です。

DESMOND RegaMaster EVO の別サイズ 15inch 6.5J offset+35mm PCD100mm-4H 重量計測結果はこちら

DESMOND RegaMaster EVO の別サイズ 15inch 6.5J offset+45mm PCD100mm-4H 重量計測結果はこちら

DESMOND RegaMaster EVO の別サイズ 16inch 7J offset+45mm PCD114.3mm-4H 重量計測結果はこちら

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク