2020年 F1チーム採用ホイールメーカー一覧 フォーミュラーワン採用シェアNo.1のホイールメーカーはどこだ?

スポンサーリンク

昨年投稿したこの企画、結構多くの人に読まれているみたいなので、調子に乗って2020年シーズン版を纏めてみました。

2019年 F1チーム採用ホイールメーカー一覧 フォーミュラーワン採用シェアNo.1のホイールメーカーはどこだ?

F1の2020年シーズンは、オーストラリアGPを初戦として3月13日に開幕を迎えます。

この時期、各チームのマシンの仕様がメディアに公開されていますので、そこからホイールの情報を集めて、各チームが採用したホイールについて纏めています。

 

昨年同様、今年のF1も以下全10チームが参戦しています。

13インチホイールでチャンピオンシップが争われる最後の年ですが、各チームが採用しているホイールは…

 

メルセデスAMGペトロナス・F1チーム

アストンマーティン・レッドブル・レーシング

ルノーF1チーム

ハースF1チーム

アルファロメオ・レーシング

上記5チームは、OZ Racing製ホイール採用

 

マクラーレンF1チーム

ENKEI製ホイールを採用

 

BMTレーシングポイントF1チーム

BBS製ホイールを採用

 

ロキット・ウィリアムズ・レーシング

App Tech製ホイールを採用

 

スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ

未発表

スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ

不明

 

OZ Racing製ホイールがシェア50%と市場を席捲していますが、昨年までOZユーザーだったスクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウが、今年度はホイールサプライヤーを未発表としているため、昨年から比べるとOZホイールユーザーは1チーム減となりました。

少数派のENKEI、BBS、App Tech製ホイールも、昨年同様にマクラーレンF1チーム、BMTレーシングポイントチーム、ロキット・ウィリアムズ・レーシングが採用しているため、何とか残っているようです。

レッドブル・トロロッソ・ホンダ改めスクーデリア・アルファタウリ・ホンダのホイールは不明です。

昨年はScuderia Toro Rosso内製ホイールだったのですが、今年は何の情報もありません。

情報がないことは同じなのですが、スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウは未発表とされているのに対し、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのホイールについては何ら記載がないのです。

情報を開示しないチームがあるのに対し、BMTレーシングポイントF1チームのBBSホイールだけ、詳細な情報を公表しています。

フロントは13インチ×13.7インチ、リアは13インチ×16.9インチだそうです。

リム幅が17インチもあるなんて流石F1用ホイールですね…

 

さて、2021年からは18インチサイズを採用し、BBSがホイールを独占供給することが決定しているF1ですが、4社のホイールサプライヤーによる最後の争いとなる2020年シーズンはどうなるのでしょう?

乞うご期待です。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク