ホイールウォッチング レアな車のホイール画像集 Vol.66 アルファロメオ モントリオール

スポンサーリンク

ホェールウォッチングじゃなくて、ホイールウォッチングです。

 

レアな車に装着されているホイールは、車同様にレアなホイールなので、街中で見かけたらそれらを撮影し、順次画像をアップしていく企画です。

 

今回は、先ごろ2回目の取材で訪れた首都高の大黒パーキングエリアで見つけたアルファロメオ モントリオールです。

 

 

車好きを自認するわたくしですが、恥ずかしながらアルファロメオ モントリオールについて全く知らず、その知識は0でした。

 

大黒パーキングエリアで、初めてこの車両を発見した時、その印象的なライト周りのデザインを見て、「なんじゃこりゃ!」と松田優作バリの驚きの声を上げたのでした。

 

それもそのはず、アルファロメオ モントリオールは、1970年から1977年にかけて3,700台ほどが生産されましたが、当時の正規ディーラーであった伊藤忠オートの記録によれば、日本に輸入されたのは、その内僅か10台に過ぎないとのことなのです。

 

レアな車に装着されているホイールに注目する当企画に、日本に10台しかない珍しい車であるアルファロメオ モントリオールは、正にはピッタリな車両だと言えるでしょう。

 

マニアによって並行輸入された個体もあるかもしれませんが、日本に現存するアルファロメオ モントリオールは数台程度なのではないでしょうか。

 

アルファロメオ モントリオールは、カロッツェリア・ベルトーネのチーフスタイリストであったマルチェッロ・ガンディーニの手によるデザインで、そのプロトタイプがモントリオール万博におけるイタリア館に展示されたことにより「Montreal」と命名されました。

 

当時のアルファロメオの技術の粋を集めたスポーツカーであるティーポ33用とされる230馬力を発揮する2,593㏄V8エンジンをフロントに搭載してあるのだそうです。

 

 

今回の取材で撮影したアルファロメオ モントリオールのタイヤ画像からサイズを読み取ると、前後共に195/55R15を装着しています。

 

ネットでいろいろ検索して調べてみたところ、アルファロメオ モントリオールのオリジナルタイヤサイズは195/70VR14となっていたので、15インチであるこのホイールは純正ではない可能性が高いと思います。

持参したPCDゲージをホイールボルトの頭に当てて計測してみたところ、PCDは108mm-4Hであることが判りました。

 

アルファロメオだからPCD98mmだとばかり思っていたのですが、そうではありませんでしたね。

 

何故PCDが108mm-4Hなのかと考え、いろいろ調べたところ、アルファロメオ モントリオールに搭載されたテイーポ33用とされるV8エンジンのパワーにアルファロメオの5速ギアボックスが耐えられないため、アストンマーチン製のギアボックスを採用したことが判ったのです。

 

恐らく、アストンマーチン製のギアボックスにスィッチしたことにより、ギアボックスに繋がる駆動系もアルファロメオのオリジナルではなくなり、その結果、PCDが一般的なアルファロメオのPCDである98mmから108に変わったのだと考えました。

 

PCDが108mm-4Hとなった経緯については推察にすぎません。

 

いつかその答えが分かると良いなと思っています。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク