SSR TYPE C 15inch 7J offset+42mm PCD114.3mm-4H 重量計測結果

スポンサーリンク

SSR TYPE C 15inch 7J offset+42mm PCD114.3mm-4H 重量計測画像

SSRスピードスターレーシングから発売されていたSSR TYPE Cの重量計測結果公開は今回で9回目です。SSR TYPE Cの説明は、以前のものを少し修正して記載しておきます。

『SSR TYPE Cは半溶融鍛造製法(SSF製法:semi solid forzing)により作られた軽量1ピースホイールです。半溶融鍛造製法は、鍛造製法並みの軽い重量を実現しつつも、通常の鍛造製法より生産コストを抑えることができる利点があります。分かりやすく言えば、鍛造製法と鋳造製法の良い所取りをする製法と言う感じですかね。残念なことにこのホイールを作っていたスピードスターレーシングは2005年1月に倒産してしまいました。自動車部品メーカーのタナベがスピードスターレーシングの事業を買収したため、その後もTYPE Cはタナベから発売されていました。ですから、TYPE Cの初期物はスピードスターレーシング製、後期物はタナベ製となっています。』

このホイールの重量を計測してみたところ4.80kgとなりましたので、超軽量ホイールと認定しました。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

SSR TYPE C 15inch 7J offset+42mm PCD114.3mm-4H(SSF製法1ピース アルミバルブ付き、バランスウエイト無し)4.80kg

15インチホイール重量ランキングはこちら!

SSR TYPE Cの重量計測結果公開は今回で9回目ですが、15インチサイズの投稿は今回初です。今回を含め9つの異なるサイズの重量計測結果を公開してきましたが、それらを振り返って見てみると、9回中8回超軽量認定を受けていますので「SSR TYPE Cってやっぱりものすごく軽いんだな」と思います。

因みに今回重量計測結果を公開したSSR TYPE Cは、PCD114.3mm-4Hです。これは一昔前の国産中型車に使用されていたタイプ、昔のホンダアコード、プレリュード、DC2インテグラR(96SPEC)等に使用可能なサイズだと思います。

今回重量計測結果を公開したこのSSR TYPE Cは、ターマックラリーに使用されていた固体なので、ブレーキパッドカスの固着も多く、結構使い込まれた感じがしますね・・・

SSR TYPE C の別サイズ 17inch 7.5J offset+32mm PCD98mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE C の別サイズ 17inch 8J offset+48mm PCD100mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE Cの別サイズ 18inch 7.5J offset+32mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE Cの別サイズ 18inch 8.5J offset+32mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE Cの別サイズ 17inch 8.5J offset+30mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE C の別サイズ 17inch 7.5J offset+32mm PCD98mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE C の別サイズ 16inch 7J offset+42mm PCD114mm-4H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE C の別サイズ 17inch 7.5J offset+48mm PCD114.3mm-5Hの重量計測結果はこちら

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク