SSR TYPE C 17inch 8J offset+48mm PCD100mm-5H 重量計測結果

スポンサーリンク

SSR TYPE C 17inch 8J offset+48mm PCD100mm-5H 重量計測画像

SSRスピードスターレーシングから発売されていたSSR TYPE Cの重量測定結果を一昨日に続き投稿します。

因みに、SSR TYPE Cのブランドの概要説明は、一昨日のものと同じですが、こちらも念のため記載しておきます。

「SSR TYPE Cは半溶解鍛造製法(SSF製法:semi solid forging)により作られた軽量1ピースホイールです。

半溶解鍛造製法は、鍛造製法並みの軽い重量を実現しつつも、通常の鍛造製法より生産コストを抑えることができる利点があります。

分かりやすく言えば、鍛造製法と鋳造製法の良い所取りをする製法と言う感じですかね。」

このホイールの重量を計測してみたところ6.05kgとなりましたので、超軽量ホイールと認定しました!

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

SSR TYPE C 17inch 8J offset+48mm PCD100-5H(SSF1ピース アルミバルブ付き、バランスウエイト無し)6.05kg

17インチホイール重量ランキングはこちら!

10月1日に、同じSSR TYPE C(RACE)の7.5J offset+32mm PCD98mm-5Hの重量計測結果を公開しています。

そちらの重量は7.05kgとなり、僅かに7kgを超えたため軽量ホイールに認定しました、リム幅が7.5Jと今回重量計測をおこなったホイールよりも細いにもかかわらず、片方は7kg以下、片方は7kg超え、この差は何故生じたのでしょうか?

恐らく8J offset+48mm PCD100mm-5HのこのTYPE Cより7.5J offset+32mm PCD98mm-5Hのほうが16mmも外にださなければならない分、ナット穴周りのハブ接合面がかなり分厚くなっているためだと思います。

リム幅よりもoffset値のほうが重量に与える影響が大きいということですね。

SSR TYPE C (RACE)17inch 7.5J offset+32mm PCD98mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE C の別サイズ 18inch 7.5J offset+32mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE Cの別サイズ 18inch 8.5J offset+32mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE Cの別サイズ 17inch 8.5J offset+30mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE C の別サイズ 17inch 7.5J offset+32mm PCD98mm-5H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE C の別サイズ 16inch 7J offset+42mm PCD114mm-4H 重量計測結果はこちら

SSR TYPE Cの別サイズ 17inch 7.5J offset+48mm PCD114.3mm-5Hの重量計測結果はこちら

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク