RAYS VOLK Racing RE30 18inch 7.5J offset+43mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果

スポンサーリンク

RAYS VOLK Racing RE30 18inch 7.5J offset+43mm PCD114.3mm-5H 重量計測画像

RAYS VOLK Racing RE30に関する投稿は今回で5回目なので、その説明ついては以前と同じものを記載しています。

『RAYS VOLK Racing RE30は、TE37、CE28Nと続く、RAYSにおけるRacingホイールの直系で、RAYSがF-1用ホイールの提供したことを記して、2007年に発売されました。ブランド名であるRE30の由来ですが、REは「RACING EQUIPMENT」の略で、30は「既存の軽量鍛造1ピースホイールよりも30%の剛性アップを目指している」ことから、RE30と命名されています(「ホイールメーカー・ブランド 名前の由来について」のページも是非ご参照下さい)。2007年の雑誌広告の中では、「スポークの縦方向の断面比を上げることで強度バランスを得ている」との記載があります。従来の軽量鍛造1ピースが、CE28Nを指すのか、TE37を指すのかはわかりませんが、ただ軽いだけのホイールではないことを意味したブランド名になっています。』

このホイールの重量を計測してみたところ、7.50kgとなりましたので、超軽量ホイールと認定しました。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

RAYS VOLK Racing RE30 重量計測結果

18inch 7.5J offset+43mm PCD114.3mm-5H(鍛造1ピース アルミバルブ付き、65gバランスウエイト付き)7.50kg

18インチホイール重量ランキングはこちら!

18インチサイズのVOLK Racing RE30の重量計測結果公開は、当サイトでは初めてです。

18インチは8Jを想定して「超軽量」、「軽量」、「普通」を認定していますが、今回重量計測結果を公開したVOLK Racing RE30は、7.5Jとリム幅が少し細いことも幸いしているとはいえ、7.50kgと難なく超軽量ホイールの域に入りました。

因みに18インチで7.50kgという重量は、当サイトで重量計測結果を公開した18インチホイールの中では、MUGEN GPと並び五指に入る軽さなのです。

これだけ軽量なVOLK Racing RE30ですが、残念なことに既に絶版ブランドになっているのです。

RAYS鍛造1ピースの本流と思われ、TE37、CE28Nの後を継ぐ存在と思われていたにも関わらず、VOLK Racing RE30だけはカタログ落ちとなってしまったのです。

TE37やCE28を指すと思われる既存の軽量鍛造1ピースホイールと比較して、30%の剛性アップを目指しつつ、これだけの軽さを実現しているVOLK Racing RE30を絶版としてしまうのはちょっと勿体ない気がするのは私だけなのでしょうか?

RAYS VOLK Racing RE30の別サイズ17inch 7.5J offset+50mm PCD100mm-5Hの重量計測結果はこちら

RAYS VOLK Racing RE30の別サイズ17inch 8.5J offset+30mm PCD114.3mm-5Hの重量計測結果はこちら

RAYS VOLK Racing RE30の別サイズ16inch 7J offset+42mm PCD100mm-4Hの重量計測結果はこちら

RAYS VOLK Racing RE30の別サイズ16inch 5.5J offset+45mm PCD100mm-4Hの重量計測結果はこちら

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク