スポンサーリンク

ホイールメーカーだけがアルミホイールを販売している訳ではありません。ホイールメーカーに製造委託して、自らが企画・デザインしたホイールを販売する形態もあるのです。

その一つがTRD、NISMO、無限、STi、MAZDASPEED、RALLIARTといった自動車会社直系チューナーから発売されているホイールです。

当サイトでは、これまでこれら自動車会社直系チューナーのホイールの重量計測結果を20も公開してきているので、今回はこれらのホイールの重量を纏めてみました。

重量計測結果の内訳はTRD、無限、MAZDASPEEDが4つ、NISMOとRALLIARTが3つ、STiが一番少なくて2つとなっています。

 

TRD

7.15kg  TRD T-3 鍛造1ピース  17inch   7.5J  offset+30mm  PCD100mm-5H

7.45kg  TRD T-3 鍛造1ピース  17inch   7.5J  offset+40mm  PCD114.3mm-5H

6.40kg  TRD T-3   鍛造1ピース  16inch   8J     offset+40mm  PCD114.3mm-5H

5.75kg  TRD TF3   鋳造1ピース  15inch  7J     offset+48mm  PCD100mm-4H

 

NISMO

7.30kg  nismo GT-4  鍛造1ピース  17inch  7.5J   offset+30mm  PCD114.3mm-5H

8.10kg  nismo GT-4  鍛造1ピース  17inch  8.5J   offset+40mm  PCD114.3mm-5H

4.35kg  nismo MM-8  鍛造1ピース  15inh  6J      offset+50mm  PCD100mm-4H

 

無限

7.50kg   無限GP      鍛造1ピース   18inch  7.5J   offset+48mm  PCD114.3mm-5H

6.20kg   無限MF10  鍛造1ピース   16inch  7J      offset+50mm  PCD114.3mm-5H

5.80kg   無限MF8    鍛造1ピース   16inch  7J      offset+52mm  PCD114.3mm-4H

4.55kg   無限MF10  鍛造1ピース   15inch  6.5J   offset+45mm  PCD100mm-4H

 

STi

7.30kg   STi RS-ZERO  鍛造1ピース  17inch  7.5J  offset+48mm  100mm-5H

7.55kg   STi RS-ZERO  鍛造1ピース  17inch  8J     offset+40mm  100mm-5H

 

MAZDASPEED

7.80kg   MAZDASPEED MS-01S  鍛造1ピース  18inch  8J  offset+40mm  PCD114.3mm-5H

6.40kg    MAZDASPEED MS-01S  鍛造1ピース  16inch  8J  offset+33mm  PCD114.3mm-5H

6.00kg    MAZDASPEED MS-01S  鍛造1ピース  16inch  7J  offset+33mm  PCD114.3mm-5H

4.40kg    MAZDASPEED MS-01S  鍛造1ピース  15inch  6.5J  offset+35mm  PCD100mm-4H

 

〇RALLIART

8.15kg   RALLIART Evolution R-01  鍛造1ピース  18inch  8.5J  offset+35mm  PCD114.3mm-5H

7.80kg   RALLIART Evolution R-01  鍛造1ピース  17inch  8.5J  offset+35mm  PCD114.4mm-5H

6.25kg   RALLIART Evolution R-01  鍛造1ピース  16inch  7J     offset+40mm  PCD100mm-4H

※左から重量、ブランド名、製法・構造、インチ数、リム幅、オフセット、PCDの順

 

製造委託先はRAYSが最多

今回、重量まとめの対象となったホイールブランドの製造委託先は、ENKEI製の可能性が高いと思っているTRD TF3を除き、RAYSが圧倒的な多さです。

当サイトで重量計測結果を公開したことがある自動車会社直系チューナーの多くが、軽量化競争が激化した2000年代のホイールであるということも、製造異委託先がRAYSに集中している理由だと思います。

その当時、メーカー純正ホイールのラインナップ最上位に、BBSのホイールが鎮座することが多い一方で、「それとは違う別の軽量ホイール」の選択肢としてRAYSが選ばれたのだと思っています。

最近は状況が変わってきていて、自動車会社直系チューナーから発売されるホイールの多くは、RAYS以外のメーカーに製造委託された鋳造1ピースのものも多くなってきているように思えます。

 

軽量認定が殆ど、意外に最軽量は少ない

鍛造1ピースホイールが多いので、「超軽量ホイールに認定されているものが殆どか?」と思いきや、軽量止まりとなっているものが多いのも意外です。

純正アルミホイールが、強度・剛性面おいてマージンを確保せざるを得ないため、いたずらに軽量を追い求めることは出来ないことから、必ずしも軽量ではないことと理由が同じなのではと考えています。

自動車会社との関係が深い自動車会社直系チューナーは、自動車メーカー同様に変形やクラック発生のリスクを負うよりも、強度・剛性面おけるマージンをもった製品を出さざるを得ないのではないかと思われます。

それ故、軽量かつアンダーパワーの車両に使用される15インチ、16インチには超軽量が多いのかもしれません。それに当てはまらない18インチの無限GPとMAZDASPEED MS-01は「重量面で結構攻めたホイールだと」言って良いと思うのです。

 

前述の通り、最近は状況が変わってきていて、自動車会社直系チューナーから発売されるホイールの多くが、鍛造1ピースではなく、鋳造1ピースのものが多くなってきているため、無限GPやMAZDASPEED MS-01を超える超軽量な自動車会社直系チューナー系ホイールが、今後も発売されるのかが大変気になるところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク