スポンサーリンク

PCDのいろいろ同じ自動車メーカーが販売する車種であっても、ホイールのPCDの値や穴数は異なります。

PCDやホイールの穴数は、それを装着する車によって変わらざるを得ないからなのです。

車重が軽かったり、エンジンの力が小さかったりすれば、ホイールにかかる負担も小さいため、穴数は少なく且つPCDの値は小さくなります。

その昔のシトロエンや1代前のスマート等は3穴タイプでしたし、逆にトラック等では10穴の大口径PCDのホイールを使用しています。

エンジンパワーが大きいスポーツカー、車重が重いビックセダンやSUVの穴数は5穴以上で、PCDの値も大きめになることが普通です。

そのためPCDの値は自動車メーカーによって、車種によって異なっているのです。

今回はバリエーションが多彩なPCDの採用状況を自動車メーカー別、車種別にまとめてみました。

国産車 殆どがPCD114.3mm-5H、PCD100mm-5H、PCD100mm-4Hのどれか

国産現行車は殆どの車種がPCD114.3mm-5H、PCD100mm-5H、PCD100mm-4Hのどれかに該当します。

この中でPCD100mm-5Hはかなり少数派といえるでしょう。これ以外に一部PCD120mm-5Hの車種も極稀に存在します。

 

少数派であるPCD100mm-5Hの国産の車種を挙げると、

スバル:インプレッサ、XV、レガシィ、エクシーガクロスオーバー7、BRZ、フォレスター

トヨタ:プリウス、86、カローラスポーツ

レクサス:CT

という感じです。

スバルは大半の車種がPCD100mm-5Hになっています。

 

稀なPCD120mm-5Hの国産の車種を挙げると、

レクサス:レクサスLS(USF40系)

ホンダ:レジェンド(KB1・2)、FK2・FK8シビックタイプR

くらいですかね…

 

少しややこしい国産の車種を挙げておきます。

スバルだからPCD100mm-5Hだと決め付けるのは早計です。

スバルでも、レヴォーグとWRXはPCD114.3mm-5Hになっています。

インプレッサSTI GDB(型)以降、スバルはハイパフォーマンスモデルにPCD114.3mm-5Hを採用するようになりました。

また、新型にモデルチェンジする際にPCD114.3mm-5Hに移行する車種も増えてきています。

レガシィB4/アウトバックは、2014年にBM/BR系からBN/BS系にモデルチェンジする際に、フォレスターは2018年にSJ系からSK系にモデルチェンジする際に、PCDをこれまでの100mm-5Hから114.3mm-5Hに変更しています。

トヨタプリウスもプリウスαだけはPCD100mm-5HではなくPCD114.3-5Hになっているため注意が必要です。

国産車は比較的PCDの種類が(これでも)少ないのですが、輸入車のPCDはバリエーションが豊富です。

 

先ずはドイツ車から

ポルシェ ほぼ全車種がPCD130mm-5H

ポルシェはマカンを除きPCD130mm-5Hです。

AudiQ5とプラットフォームが共通であるマカンだけはPCD112mm-5Hとなっています。

例外が少なくて非常に分かりやすいですね。

 

メルセデス ほぼ全車種がPCD112mm-5H

メルセデスはGクラスを除きPCD112mm-5Hです。

例外のGクラスだけPCD130mm-5Hとなっています。

こちらも例外が少なくて非常に分かりやすいですね。

 

VW・Audi コンパクトと大型SUVを除き大半の車種がPCD112mm-5H

最近のモデルに限ってみれば、UP(4H)とポロ(5H)、ポロとプラットフォームを共有するA1・S1(5H)はPCD100mm。

ポルシェカイエンとプラットフォームを共有するトゥアレグとQ7はPCD130mm-5Hとなっています。

これ以外の車種はPCD112m-5Hに統一されていています。

ただ、A3等を含めゴルフ4以前のプラットフォームではPCD100mm-5Hだったので古いモデルはちょっと注意が必要ですね。

 

BMW これまではPCD120mm-5H、これからはPCD112-5H

BMWはPCD120mm-5Hの車種が主流なのですが、徐々にPCD112mm-5Hを採用する車種が出てきました。

最近発売されたFFプラットフォームの2シリーズ、X1だけがPCD112mm-5Hなのかと思っていましたが、色々と調べてみたら最近は7シリーズやi8、X4もPCD112mm-5Hになっています。

もしかしたら今後のBMWはこれまでのPCD120mm-5HからPCD112mmに移行していくのかもしれません。

これから発売されるBMWのPCDの値にちょっと注目です。

 

MINI 昔はPCD100-4H、例外を挟んでF系からはPCD112mm-5H

形式名の最初がR系だった以前のMINIはPCD100mm-4Hでした。

しかし、R60クロスオーバーとR61ペースマンだけはPCD120mm-5Hを採用したので、その後のMINIは「BMWの傘下らしくPCD120mm-5Hを採用していくのか?」と思いきや、2013年発売のF系MINIからは全ての車種でPCD112mm-5Hを採用しています。

その当時は不思議な感じがしていたのですが、前述のBMWの変化を見ると納得できる動きと言えるのでしょう。

 

とりあえずジャーマン勢はこれくらいにしておきます。

今後のBMWの動きによっては、ドイツ車のPCDは112mm-5Hに収斂していく可能性がありますね。

 

次にフランス車のPCDを見てみましょう。

ルノー 一部例外を除き、4穴はPCD100mm、5穴はPCD108mm

日産とのコラボ車種であるコレオスだけはPCD114.3mm-5Hですが、それ以外のPCDは、4穴がPCD100mm、5穴がPCD108mmに統一されています。

例外が少なくて非常に分かりやすいですね。

 

プジョー・シトロエン 4穴も5穴も全ての車種がPCD108mm

プラットフォームを共有しあうプジョーとシトロエンに車種は例外なくPCD108mmです。

こちらも非常に分かりやすいですね。

 

フランス車はレアなケースを除き、PCD100mmかPCD108mmしかないのですね。

 

次にイタリア車を見てみましょう。

アルファロメオ これまで98mm、これからは110mm

一昔前のアルファロメオは4穴、5穴共にPCD98mmでした。

しかし、アルファロメオ159、ブレラ、ジュリエッタといった最近の車種ではPCD110mm-5Hを採用しています。

この流れからするとアルファロメオはPCD110mm-5Hに全て移行するのかとおもいきや、Mitoや4Cでは98mmに逆戻りしてしまっていて、今後の方向性が今一つ見えない感じがしています。

全ての車両がPCD110mm-5Hに移行するのではなく、車体の大型化が進むCセグメントの車両以上はPCD110mm-5Hに、車両重量の軽いコンパクトカーやライトウエイトスポーツはPCD98mmのまま残るのかもしれません。

 

FIAT これまで98mm、これからは110mm

アルファロメオを同じグループに抱えるFIATも一昔前まで4穴、5穴共にPCD98mmでした。

しかし、グランデプント・プントエヴォだけはPCD100mm-4Hを採用し、FIAT500XではPCD110mm-5Hを採用しています。

今後は全てPCD110mm-5Hに全て移行するのかは分かりません。

アルファロメオ同様にPCD98mmも残るのか?今後が注目されます。

 

イタリア車でもスーパーカーについては今回触れません。

ですがイタリア車でちょっと不思議な存在のランボルギーニ アベンタドールだけには触れておきます。

アベンタドールのPCDはフロントが112mm-5Hで、リアが120mm-5Hなのです。

不思議なことにPCDが前後でサイズが異なるのです。パンクしたらどうするのでしょうかね…

イタリア車はこれくらいにしておきますね。

 

最後は北欧のボルボのPCDについてです。

ボルボ 初代V40以外は全てPCD108mm-5H

ボルボの中で三菱との合弁会社ネッドカーで製造されていた初代V40だけはPCD114.3mm-4Hですが、それ以外は全てPCD108mm-5Hになっています。

非常に分かりやすいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク