WEDS SPORT SA-60M 19inch 8J offset+45mm PCD114.3mm-5H重量計測結果

スポンサーリンク

WEDS SPORT SA-60M 19inch 8J offset+45mm PCD114.3mm-5H重量計測画像

2010年の東京オートサロンに参考出品され、初めてお披露目されたというWEDS SPORT SA-60Mは、同じWEDS SPORTブランドの「SA-55M」の6本スポーク版とも言えるデザインです。

「SA-55M」同様に、サイドマシニングによるH断面形状を持ち、そこにカラーリングが施されたSA-60Mは、かなり印象的なデザインになっています。

サイドマニシング自体は、軽量化のためにスポーク部の無駄を削ぎ落す技法ですが、そこへカラーリングを施すことで、デザイン性を高めることに成功しています。

軽量化へのコダワリはサイドマニシングだけでなく、WEDS独自のフローフォーミング加工法であるAMF製法による薄いリムが、SA-60Mを一層軽量なものへとしています。

このホイールの重量を計測したところ9.35kgとなりました。

当サイトでは19インチホイールの重量計測結果公開は未だ2度目です。19インチサイズは計測データ数が少ないため軽量ホイール・超軽量ホイールの定義は定まっておりませんが、15-18インチの定義に則るとすれば、今回重量計測結果を公開したWEDS SPORT SA-60Mは、軽量ホイールとして認定できると思います。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

WEDS SPORT SA-60M 重量計測結果

19inch 8J offset+45mm PCD114.3mm-5H(鋳造1ピースAMF製法 アルミバルブ付き、バランスウエイト無し)9.35kg

WEDS SPORT SA-60Mのカラーバリエーションは、MBM(マットブラックマシニング) とBBM(ブラックブルーマシニング)の2種が設定されていますが、今回重量計測結果を公開したSA-60MはMBM(マットブラックマシニング)になります。

真正面から計測画像を撮影してしまったため、デザイン上の特徴となるサイドマニシング部が見えないのが残念ですが、MBM(マットブラックマシニング)場合はグレーっぽいカラーリングが施されています。

対してBBM(ブラックブルーマシニング)は、濃紺というかネイビーをベースに、あざやかな明るいブルーがサイドマニシング部分にカラーリングされています。

個人的には今回重量計測結果を公開したMBM(マットブラックマシニング)よりも、あざやかなBBM(ブラックブルーマシニング)の方が好みなのですが、MBM(マットブラックマシニング)より、BBM(ブラックブルーマシニング)の方が3000円高い価格設定になっているようです。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク