TAKECHI PROJECT SPRINT HART CP-035 16inch 7J offset+65mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果

スポンサーリンク

SPRINT HART CP-035 16inch 7J offset+65mm PCD114.3mm-5H 重量計測画像

TAKECHI PROJECT SPRINT HART CP-035の重量計測結果の投稿は今回が初めてですが、名称が異なるだけでRACING HART CP-035と全く同じと考えれば13回目の重量計測結果公開です。SPRINT HART CP-035の説明については、RACING HART CP-035と同じものを以下に記載しておきます。

『RACING HART CP-035は鍛造1ピースの超軽量ホイールです。その名前の由来は15インチ、6J、offset+45mmサイズで3.58kgであることから、CP-035とされています。その軽さは、ブランド名だけでなく、オムツを履いた赤ん坊が片手で軽々とCP-035を持ち上げている雑誌広告でもアピールされ、強烈なインパクトを残しておりました。その軽さから、2000年当時のジムカーナ車両の多くに装着されていたことを記憶しております。』

このホイールの重量を計測してみたところ5.30kgとなりましたので、超軽量ホイールと認定しました。前回全く同じサイズのRACING HART CP-035の重量を公開しましたが、それよりは50g重い結果となりました。まぁ誤差の範囲ですかね・・・

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

TAKECHI PROJECT SPRINT HART CP-035 16inch 7J offset+65mm PCD114.3mm-5H (鍛造1ピース アルミバルブ付き付き、55gバランスウエイト付き)5.30kg

16インチホイール重量ランキングはこちら!

発売当初はRACING HART CP-035ではなく、タケチプロジェクトの競技用ホイールの系譜に倣いSPRINT HART CP-035となっていたのですが、発売から少し経ってからRACING HART CP-035とブランド名が変更になりました。そのためリムに貼ってあるロゴを見れば初期モデルなのか、そうでないのかが分かります。今回重量を計測したホイールはリムのロゴステッカーから前期モデルのSPRINT HART CP-035であることがわかります。

軽量なことで名が通っていたCP-035は、一般的なサイズだけではなく、競技用の特殊なサイズもラインナップしていました。そのためRAYSのCE28Nと同じようにジムカーナ関係者からの支持も高かったホイールなのです。

前回重量計測結果を公開したRACING HART CP-035と同じく、16inch 7J offset+65mm PCD114.3mm-5Hというサイズは、ジムカーナセッティングされたDC5ホンダインテグラタイプRのリア用です。ジムカーナのパイロンコースでは旋回性に重きを置くため、敢えてリアにインチダウンした細いタイヤを履いたり、出来る限りタイヤを外に出さないセッティングが必要になる場合があります。この16インチ、7J、offset+65mmというサイズは、その様なことを意図した、かなり特殊なサイズと言えるでしょう。

RACING HART CP-035重量まとめはこちら!

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク