YOKOHAMA ADVAN Racing TCⅡ 17inch 9.5J offset+35mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果

スポンサーリンク

YOKOHAMA ADVAN Racing TCⅡ 17inch 9.5J offset+35mm PCD114.3mm-5H 重量計測画像

YOKOHAMA ADVAN Racing TCⅡに関する重量計測結果の投稿は5回目なので、その説明についてはそれを引用します。

『ADVAN Racing TCⅡは、タイヤメーカーである横浜ゴムから発売されていた鋳造1ピースホイールです。今も横浜ゴムからTCシリーズは発売されていますが、Ⅱが示すとおり、このホイールはTCシリーズの二代目になります。

当時の横浜ゴムのサイトには、「TCⅡは鋳造ホイールの可能性を無限に広げる中空テクノロジーへの挑戦。センターロックから派生したメカニカルなセンターデザイン。1ピースで5本スポークフル中空構造を実現し、軽量性、剛性すべてにおいてYOKOHAMA最高性能のホイールが誕生した。“ADVAN TCⅡ”それはYOKOHAMAが現時点での英知を終結させ完成させたスポーツホイールなのである。」とありますので、その時点ではTCⅡがYOKOHAMAのホイールにおいて最軽量だったことが分かります。』

このホイールも計測してみたところ、7.90kgとなりましたので、軽量ホイールと認定いたしました。17インチは7.5Jを想定して「超軽量」、「軽量」、「普通」を認定していますが、今回重量を計測したADVAN Racing TCⅡは、それよりも2インチも太い9.5Jにもかかわらず軽量認定されているのは素晴らしいと思います。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

YOKOHAMA ADVAN Racing TCⅡ 17inch 9.5J offset+35mm PCD114.3mm-5H(鋳造1ピース中空スポーク構造、アルミバルブ付き、バランスウエイト無し)7.90kg

17インチホイール重量ランキングはこちら!

ADVAN Racing TCⅡに採用された中空ディスク・スポーク構造は、ENKEI Racing Line RC-5や、同じYOKOHAMAのAVS MODEL 6にも採用されていました。しかし、これらのホイールは、TCⅡとは異なり2ピース構造であったため、ディスク・スポークとリム接合部分が肉厚となり、軽量さを実現するために中空構造を採用している割に、それ程軽くありませんでした。それに対しTCⅡは、鋳造後にホイールのセンター部分から砂型を抜くという手の込んだ手法を採用することで、1ピースでありながらもフル中空構造のスポークを実現し、軽量性、剛性すべてにおいて当時のYOKOHAMA最高性能のホイールになり得たのです。

因みに今回重量計測結果を公開したこのTCⅡは、FD3S型のRX-7や80スープラ等に装着可能なサイズだと思われます。

YOKOHAMA ADVAN Racing TCⅡの別サイズ 17inch 7.5J offset+31mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果はこちら

YOKOHAMA ADVAN Racing TCⅡの別サイズ 17inch 8.5J offset+37mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果はこちら

YOKOHAMA ADVAN Racing TCⅡの別サイズ 17inch 8.5J offset+31mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果はこちら

YOKOHAMA ADVAN Racing TCⅡの別サイズ 17inch 7.5J offset+48mm PCD100mm-5H 重量計測結果はこちら

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク