スポンサーリンク

2018年8月28日時点で、66点の15インチホイールの重量計測結果をまとめ、4kg台を超軽量、5kg台を軽量、6kg以上を普通のホイールと認定して、軽量ランキングを公開してきました。

15インチホイール重量ランキングはこちら!

超軽量ホイールの誉れ高きSPOON SPORT SW388を頂点に、DESMOND RegaMaster EVOやRAYS製の鍛造1ピースホイール等が上位を独占する一方で、普通の17インチホイール並みに8kgを超えるブランドも存在します。ですが、これら15インチとしては重たい部類に入れられてしまうホイールの殆どが、強度・剛性に重きを置いているグラベルラリー、ダートトライアル用のホイールであることに注意しなければならないと思います。

それなので今回は、「グラベル競技向けホイール重量比較」と題して、ラリー、ダートトライアル用のホイールだけを抽出して、重量比較をしてみた次第です。

2018年8月28日時点で公開した66点の15インチホイールの重量計測結果の内、グラベルラリー、ダートトライアルに使用できるホイールを抽出してみたところ、以下の39点が該当しました(ENKEIのRC-TⅡRとCOMPOMOTIVEは、多くのユーザーがグラベルでも使用しそうだと考え、例外的にランキングに含めています)。何のことはない、重量計測結果を公開した15インチホイールの内2/3位がグラベル競技系のホイールだったと言うわけですね・・・。

  1. 4.95kg VOLK Racing TE37 GRAVEL 鍛造1ピース 6.5J +39mm 100mm-5H
  2. 4.95kg VOLK Racing TE37 GRAVEL 鍛造1ピース 6.5J +45mm 100mm-5H
  3. 5.00kg Racing HART CP-035G 鍛造1ピース 6.5J +40mm 100mm-5H
  4. 5.20kg VOLK Racing TE37 GRAVEL 鍛造1ピース 7J +48mm 100mm-5H
  5. 5.25kg VOLK Racing TE37 GRAVEL 鍛造1ピース 6.5J +40mm 114.3mm-5H
  6. 5.30kg VOLK Racing TE37 GRAVEL 鍛造1ピース 6.5J +28mm 114.3mm-5H
  7. 5.55kg HART CP-FG 鍛造1ピースSSF製法 6.5J +42mm 100mm-5H
  8. 5.55kg DULOP FORMURA CP-G 鍛造1ピースSSF製法 6.5J +42mm 100mm-5H
  9. 5.70kg ENKEI SPORT RC-TⅡR 鋳造1ピース 6.5J +38mm 114.3mm-4H
  10. 5.85kg Prodrive GC-05 DT 鋳造1ピース 7J +43mm 100mm-5H
  11. 6.00kg Prodrive GC-010 DT 鋳造1ピース・MAT製法 7J +35mm 114.3mm-5H
  12. 6.05kg Prodrive GC-05 DT 鋳造1ピース 7J +35mm 114.3mm-5H
  13. 6.05kg Prodrive GC-010 DT 鋳造1ピース・MAT製法 7J +43mm 100mm-5H
  14. 6.35kg ADVAN Racing RCⅡ 鋳造1ピース 7J +43mm 100mm-5H
  15. 6.50kg ADVAN Racing RCⅢ  鋳造1ピース・MAT製法 6.5J +35mm 114.3mm-5H
  16. 6.55kg ADVAN Racing RCⅡ  鋳造1ピース 7J +43mm 100mm-5H
  17. 6.55kg ENKEI SPORT RC-TⅡ 鋳造1ピース 6.5J +40mm 114.3mm-5H
  18. 6.75kg STi GRAVEL for Rally 鍛造1ピース 6.5J +49mm 100mm-5H
  19. 6.75kg ENKEI SPORT RC-GⅡ 鋳造1ピース 6J +38mm 100mm-4H
  20. 6.80kg ADVAN Racing RC 鋳造1ピース 6.5J +45mm 100mm-5H
  21. 6.85kg ADVAN Racing RC 鋳造1ピース 6.5J +45mm 114.3mm-5H
  22. 6.85kg ENKEI SPORT ES-Gravel 鋳造1ピース・MAT製法 6J +44mm 100mm-5H
  23. 6.90kg Monster Sport TYPE-MⅡ 鋳造1ピース 6.5J +40mm 114.3mm-5H
  24. 7.10kg Winmax club itzz GV01 鋳造1ピース 7J +35mm 114.3mm-5H
  25. 7.20kg ENKEI SPORT ES-GRAVEL 鋳造1ピース・MAT製法 6.5J +45mm 114.3mm-4H
  26. 7.25kg ENKEI SPORT ES-Gravel 鋳造1ピース・MAT製法 6.5J +50mm 100mm-5H
  27. 7.30kg ADVAN Racing RC 鋳造1ピース 6.5J +35mm 100mm-5H
  28. 7.30kg ENKEI SPORT ES-GRAVEL 鋳造1ピース・MAT製法 6.5J +45mm 114.3mm-4H
  29. 7.45kg RAYS 57MOTOR SPORT G07GR 鋳造1ピース・RCF製法 7J +50mm 114.3mm-5H
  30. 7.50kg ENKEI SPORTS ES-GRAVEL 鋳造1ピース・MAT製法 7J +35mm 114.3mm-5H
  31. 7.55kg ENKEI SPORT RC-G4 鋳造1ピース・MAT製法 6.5J +50mm 114.3mm-5H
  32. 7.85kg WORK EMOTION 11R-FA 鋳造1ピース  7J +49mm 114.3mm-5H
  33. 7.85kg ENKEI SPORT RC-G4 鋳造1ピース・MAT製法 7J +50mm 114.3mm-5H
  34. 7.90kg WEDS SPORT SA-90 Gravel 鋳造1ピース 7J +43mm 114.3mm-5H
  35. 7.90kg ENKEI SPORT RC-G4 鋳造1ピース・MAT製法 6.5J +38mm 114.3mm-5H
  36. 8.05kg WEDS SPORT SA-90 Gravel 鋳造1ピース 7J +43mm 100mm-5H
  37. 8.20kg WEDS SPORT SA-90 Gravel 鋳造1ピース 7J +35mm 114.3mm-5H
  38. 8.25kg COMPOMOTIVE MO5 鋳造1ピース 7J +40mm 114.3mm-4H
  39. 9.00kg DUNLOP DIREZZA RZS 4GR 鋳造1ピース 7J +33mm 114.3mm-5H

これら39点の重量計測結果からグラベル競技系ホイール最軽量は4.95kgで、超軽量認定を受ける6.5J 、PCD100mm-5Hの2タイプのVOLK Racing TE37 GRAVELとなりました。これらを含め6kg未満の軽量認定以上の領域には、10点のホイールが入っていますが、この内8点が鍛造1ピースホイールもしくはSSF製法(半融解鍛造製法)のホイールです。鋳造ホイールでも、ENKEI SPORT RC-TⅡRとProdrive GC-05 DTの2点が5kg台の軽量認定の領域に入りました。

39点の重量計測結果を眺めていると、ブランド毎の大まかな軽量度合いも何となく判る気がします。RAYS<HART<Prodrive<ADVAN<ENKEI<WEDS他といった感じですかね。

さて、この重量計測結果を見ながら、おすすめのグラベルラリー用・ダートトライアル用ホイールを考えてみました。

グラベルラリー用・ダートトライアル用ホイールでは、荒れた路面を走行しなければならないので、ただ軽いだけではおすすめになり得ないと思います。重い=強度・剛性があると考えるのならば、深い轍でグレーチング(路面を横切るコンクリート製の排水溝)が露出した路面や、長距離走行するインターラリーでは、7kg以上のホイールを使用するのが無難かもしれません。スペシャルステージが短めの国内ラリーであれば、7kg未満のホイールも選択肢に入ってくるでしょう。ラリーと比べて路面の状態が良いことが多い、また走行距離も少なく、秒以下のコンマ秒差で勝負を争うダートトライアルでは、より軽量なホイールを選ぶのが良いでしょう。

上記を踏まえ、個人的な好みも交えつつ具体的なブランドを挙げるとすると、軽量さを重視できるダートトライアル用には、RAYSのVOLK Racing TE37 GRAVELを、強度・剛性を重視しなければならないインターラリー用には、排土性も考慮したデザインを採用し、ブレーキへの石噛みが少ないことも期待できるENKEI SPORT RC-G4がお勧めです。また、軽さと剛性のバランスを考えるとADVAN Racing RCⅢを選択するのも良いと思います。

おすすめのグラベル用ホイール

ENKEIはRC-G4からRC-G5に代替わりしていましたので、早くRC-G5の重量計測をしてみたいものですね・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク