スポンサーリンク

VOLK Racing CE28Nについて、RAYSのサイトでその説明を見てみると、「すべてのモデルで軽量を謳うボルクレーシングにおいて、CE28Nこそ最も軽量なホイールです」と、RAYS自らが最軽量であることを明言していることもあり、日本を代表する超軽量鍛造ホイールブランドだといっても過言ではないでしょう。5穴タイプは全て10スポークになっていますが、小排気量車種向けとなる4穴タイプでは、より軽量に仕上げられる8スポークのモデルになっていて、軽さに対するRAYSの強いコダワリが感じられるモデルだと言えるでしょう。CE28Nは、TE37同様にその名称の中で軽量さを示しています。東京モーターショー2018のRAYSのブースで、RAYSのスタッフの方に確認しましたが、CE28NのCEは、「COMPETITION EVOLUTION」の略で、14inch、5.5JのCE28Nが2.8kgであることから命名されています。

これまで当サイトの重量計測ブログにおいて、VOLK Racing CE28Nの重量計測データを16種、派生1ブランドで2種、合計18種のCE28関連の重量計測データを公開しています。

VOLK Racing CE28Nだけの重量計測データを16種の内訳は、17インチ7サイズ、16インチ8サイズ、15インチ1サイズ、18インチと14インチの重量計測データはありませんが、CE28NFの18インチサイズの重量計測データは公開しています。

以下に公開した、VOLK Racing CE28関連の重量計測データをまとめてみました。

当サイトでは、外径サイズ毎に15インチは6.5J、16インチは7J、17インチは7.5J、18インチは8Jを想定して「超軽量」、「軽量」、「普通のホイール」認定を行っています。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

〇18インチ ※CE28NFのみ

8.00kg 7.5J offset+50mm  PCD100mm-5H →詳細

RAYS VOLK Racing CE28NF 18inch 7.5J offset+50mm PCD100mm-5H 重量計測画像

〇17インチ

6.25kg   7.5J offset+43mm PCD100mm-5H →詳細

6.35kg   7.5J  offset+43mm  PCD100mm-5H →詳細

6.40kg   8J    offset+44mm  PCD100mm-5H →詳細

6.65kg   7.5J offset+50mm PCD114.3mm-5H →詳細

6.75kg   7.5J offset+43mm PCD114.3-5H →詳細

6.85kg  8J    offsett+35mm  PCD98mm-5H →詳細

7.05kg   8J    offset+44mm  PCD114.3mm-5H →詳細

RAYS VOLK Racing CE28N 17inch 7.5J offset+43mm PCD100mm-5H 重量計測画像2RAYS VOLK Racing CE28N 17inch 7.5J offset+43mm PCD100mm-5H 重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 17inch 8J offset+44mm PCD100mm-5H 重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 17inch 7.5J offset+50mm PCD114.3mm-5H 重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 17inch 7.5J offset+43mm PCD114.3mm-5H 重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 17inch 8J offset+35mm PCD98mm-5H 重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 17inch 8J offset+44mm PCD114.3mm-5H 重量計測画像

※CE28NF

8.00kg   8.5J  offset+38mm   PCD114.3mm-5H →詳細

RAYS VOLK Racing CE28NF 17inch 8.5J offset+38mm PCD114.3mm-5H 重量計測画像

〇16インチ

5.05kg   7J    offset+48mm   PCD100mm-5H →詳細

5.30kg   7.5J  offset+46mm   PCD100mm-5H →詳細

5.45kg  7J    offset+48mm   PCD114.3mm-4H →詳細

5.50kg   7J    offset+48mm   PCD114.3mm-5H →詳細

5.60kg   7J    offset+28mm   PCD108mm-4H →詳細

5.60kg   7J    offset+60mm   PCD114.3mm-5H →詳細

5.70kg   8J    offset+49mm   PCD114.3mm-5H →詳細

5.80kg   8J    offset+35mm   PCD114.3mm-4H →詳細

RAYS VOLK Racing CE28N 16inch 7J offset+48mm PCD100mm-5H 重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 16inch 7.5J offset+46mm pcd100mm-5H 重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 16inch 7J offset+48mm pcd114.3mm-4H 重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 16inch 7J offset+48mm pcd114.3mm-5H 重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 16inch 7J offset+28mm PCD108mm-4H 重量計測画像RAYS CE28N 16inch 7J offset+60mm pcd114.3mm-5H重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 16inch 8J offset+49mm pcd114.3mm-5H 重量計測画像RAYS VOLK Racing CE28N 16inch 7J offset+48mm pcd114.3mm-4H 重量計測画像

〇15インチ

4.80kg   7J    offset+48mm   PCD100mm-5H →詳細

RAYS VOLK Racing CE28N 15inch 7J offset+48mm pcd100mm-5H 重量計測画像

VOLK Racing CE28の重量計測データを眺めてみると、

18インチでは、派生ブランドのCE28NFだけですが、重量計測データ1種だけで軽量認定となりました。

17インチでは、重量計測データ7種の内、6つが超軽量、残り1つが軽量認定となりました。派生ブランドのCE28NFは、8.5Jとリム幅が少し太めであるため、重量的には普通のホイールと認定されました。

16インチでは、16インチとしては太めのリム幅である8Jを含め、重量計測データ8種全て超軽量認定となりました。

15インチでは、重量計測データは1種しかありませんが、超軽量認定となりました。

同じVOLK Racing でも、17インチでは、認定の想定リム幅である7.5Jであっても軽量認定止まりなものが目に留まったTE37と比べ(「VOLK Racing TE37重量まとめはこちら」を参照)、それより太い8Jでも超軽量認定となっているCE28NはTE37より明らかに軽いと言い切れるでしょう。ホイールの大口径化に対応しきれていない、15、16インチ時代の超軽量ホイールと言って良いのかもしれないTE37に対し、それより新しい世代のCE28Nは、17インチ以上にも対応した超軽量ホイールなのでしょう。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク