スポンサーリンク

当サイトでは、サイズ毎のホイール重量比較以外にも、特定車種用ホイールの重量比較をまとめています。今回がその第二弾、3ナンバーボディになった第二世代、第三世代のランサーエボリューション5-9用ホイール重量比較です。

ホイールの重量を比較し、ランエボ5からランエボ9までにおすすめのホイールは何かを考えてみました。

ランサーエボリューションの純正ホイールサイズは

ランエボ5からランエボ9までの純正ホイールサイズは以下の通りです。

  • エボⅤ 17インチ、7.5J、+38mm
  • エボⅥ 17インチ、7.5J、+38mm
  • TME    17インチ、7.5J、+38mm
  • エボⅦ 17インチ、8J、+38mm
  • エボⅧ 17インチ、8J、+38mm
  • エボⅨ 17インチ、8J、+38mm

ランサーエボリューション純正ホイールの重量データ

オプションも含め、実際に計測したエボ8とエボ9の純正ホイール3つの重量データを当サイトで公開しています。

ランサーエボリューション純正ホイール計測画像

  1. 8.00kg BBS エボⅧ MR純正オプション17inch 8J offset+38mm PCD114.3mm 5H →詳細
  2. 9.20kg ENKEIエボⅨ純正 17inch 8J offset+38mm PCD114.3mm 5H →詳細
  3. 9.30kg ENKEI エボⅧ純正 17inch 8J offset+38mm PCD114.3mm 5H →詳細

純正ホイールの重量を考えると、ランエボ5からランエボ9用として選ぶ社外ホイールは、17インチで7kg台、18インチで8kg台の軽量ホイールであることが求められるのではないでしょうか。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

ランサーエボ5からエボ9用社外ホイール重量比較

ランエボ5からランエボ9までに適応可能な社外ホイールのサイズは、ブレンボキャリパーとの兼ね合いから、17インチ以上となります。リム幅が8Jならばオフセットは+30mm前後、8.5Jでもオフセットは+35mm位までが一般的な適応サイズのようです。純正ホイールサイズ、社外ホイール適合サイズ情報を考慮し、これまで当サイトにて重量計測結果を公開したホイールの中から、ランエボ5からランエボ9に使用できそうなものをピックアップしてみました。

※あくまでサイズ的に使用できそうなものです。スポークの形状等によって実際は装着できないホイールも含まれている可能性があります。実際に使用できることとは意味が異なる点にご注意下さい。

ランエボ5からランエボ9向け17インチホイールの重量データ
  1. 6.85kg WEDS SPORT TC-105N 17inch 8J offset+32mm PCD114.3mm-5H →詳細
  2. 7.05kg RACING HART CP-035 17inch 8.5J offset+35mm PCD114.3mm-5H →詳細
  3. 7.10kg RACING HART CP-035 17inch 8.5J offset+35mm PCD114.3mm-5H →詳細
  4. 7.20kg RAYS VOLK Racing RE30 17inch 8.5J offset+30mm PCD114.3mm-5H →詳細
  5. 7.20kg SPARCO Racing Viper-R 17inch 8.5J offset+35mm PCD114.3mm-5H →詳細
  6. 7.30kg SSR TYPE C 17inch 8.5J offset+30mm PCD114.3mm-5H →詳細
  7. 7.40kg RAYS VOLK Racing LE37K 17inch 8.5J offset+30mm PCD114.3mm-5H →詳細
  8. 7.55kg ADVAN Racing TCⅡ 17inch 8.5J offset+31mm PCD114.3mm-5H →詳細
  9. 7.55kg CARVING STARK RG 17inch 8.5J offset+30mm PCD114.3mm-5H →詳細
  10. 7.60kg Prodrive GC-06D 17inch 8.5J offset+34mm PCD114.3mm-5H →詳細
  11. 7.80kg RALLIART Evolution R-01 17inch 8.5J offset+35mm PCD114.3mm-5H →詳細
  12. 8.05kg WEDS SPORT SA70 17inch 8J offset+32mm PCD114.3mm-5H →詳細
  13. 8.15kg WORK EMOTION 17inch 8.5J offset+33mm PCD114.3mm-5H →詳細
  14. 8.90kg ENKEI Racing WTEⅡ 17inch 8.5J offset+35mm PCD114.3mm-5H →詳細
  15. 9.65kg WORK EMOTION CR Kai 17inch 8J offset+32mm PCD114.3mm-5H →詳細
  16. 10.25kg ENKEI WRC TARMAC EVO 17inch 8J offset+35mm PCD114.3mm-5H →詳細
ランエボ5からランエボ9向け18インチホイールの重量データ
  1. 7.70kg SSR TYPE C 18inch 8.5J offset+32mm PCD114.3mm-5H →詳細
  2. 8.15kg RALLIART Evolution R-01 18inch 8.5J offset+35mm PCD114.3mm-5H →詳細
  3. 8.40kg ENKEI Racing RPF1 18inch 8.5J offset+30mm PCD114.3mm-5H →詳細
  4. 8.45kg SSR TYPE F 18inch 8.5J offset+30mm PCD114.3mm-5H →詳細
  5. 8.60kg DUNLOP DIREZZA RZF 18inch 8.5J offset+33mm PCD114.3mm-5H →詳細

17インチで16点、18インチでは5点、合計で21点のホイールの重量計測データがありました。軽い順にソートしていますので、一応ランエボ5からランエボ9向け軽量ホイールランキングになっています。

当サイトでは、17インチは7.5Jを、18インチは8Jを想定して「超軽量」、「軽量」、「普通」を認定しています。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

そのことを考えると、8.5Jを中心とするランエボ5からランエボ9向けホイールは、軽量認定上少し不利になってしまうのですが、17インチではWEDS SPORT TC-105Nが、18インチではSSR TYPE-Cが超軽量ホイールと認定されました。

その一方で、17インチではWEDS SPORT SA70以下、5点のホイールが重量的には普通のホイールと認定されています。中でも、WORK EMOTION CR KaiとENKEI WRC TARMAC EVOの2つのホイールは、純正ホイールよりも重いという残念な結果になってしまいました。

ランエボ5からランエボ9のおすすめホイール

さて、この中でお勧めのホイールを挙げるとしたらどれにしましょうか…

ホイールの軽さで考えれば。先ず間違いなくWEDS SPORT TC-105Nになると思います。WEDSのサイトで、TC-105Nの適応サイズ表を確認したところ、ランエボ5からランエボ9の推奨サイズとしては、当サイトで重量計測結果を公開した17インチ8J+32mmよりも1/2J太い、17インチ8.5J+32mmが存在します。そちらの重量は、WEDSの公称で7.05kgですが、軽量なことで有名な鍛造ホイールのRACING HART CP-035と同じ重量になっています。WEDS SPORT TC-105Nは、鋳造ホイールではありますが、フローフォーミング製法の一つであるWEDS独自のAMF(アドバンスド・メタル・フォーミング)製法で製造されていることから、鍛造を凌ぐ軽さを実現できているのでしょう。現時点で、未だ新品で購入可能なホイールであることもイチオシホイールとして挙げる理由の一つです。 もうそろそろ、2018年夏には後継のTC-105Xが発売されるとのことですので、そちらの重量も非常にも興味がありますね~。

ランサーエボリューションというWRCで活躍した車両を語る上では、レプリカアイテムとしてのホイールの存在を忘れるわけにはいきません。しかしレプリカアイテムとなり得るENKEI WRC TARMAC EVOとENKEI Racing WTEⅡは少々重量が嵩むのが難点となっています。特にENKEI WRC TARMAC EVOは、WRCでの印象が強いのでしょうか、その重さにも関わらず今でも結構な人気があります。その重さを考えると、ホワイトの5本スポークで、より軽量な鍛造1ピースホイールであるRALLIART Evolution R-01をもって代わりとすることもありなのではないでしょうか。

当サイトで重量計測結果を公開したホイールに限定しなくても良いのであれな、ランエボのレプリカアイテムとしてENKEI WRC TARMAC EVO FORGEDをイチオシホイールとして挙げたいと思います。ENKEI WRC TARMAC EVO FORGEDのデザインは、鋳造1ピースのENKEI WRC TARMAC EVOと全く同じなのですが、FORGEDと付く通り、エンケイが鍛栄舎に製造を委託して製造したとの話がある鍛造1ピースホイールなのです。当サイトでもいつかその重量を計測し、その結果を公開したいと思っているのですが、ENKEI WRC TARMAC EVO FORGEDは既に絶版の上、オークションでも中々お目にかかれない珍しいホイールなので、未だ計測できていないのです。鍛造1ピースのENKEI WRC TARMAC EVO FORGEDならば、WRCワークスカーの雰囲気を醸し出しつつ、より軽量なことは間違いないと思われます。ENKEI WRC TARMAC EVO FORGEDは、当サイトでいつか計測してみたいホイールNo.1と言っても過言ではないのです。いつか必ず計測したいと思っています。

ランエボ5-ランエボ9おすすめホイール

※WRC TARMAC EVO FORGEDの重量計測画像は無い為、鋳造のWRC TARMAC EVOの画像を代用しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク