RAYS Gramlights 57FXX 18inch 9J offset+45mm PCD114.3mm-5H 重量計測結果

スポンサーリンク

RAYS Gramlights 57FXX 18inch 9J offset+45mm PCD114.3mm-5H 重量計測画像

しばらくホイールウォッチングの投稿が続いていましたが、これより通常運行に戻します。

今回はRAYS Gramlights 57FXXの重量計測結果公開です。

RAYSのHP の説明では、Gramlightsシリーズを「鋳造製法の限界を攻め、極限のパフォーマンスを獲得したスポーツブランド」としています。

その中にあって57FXXは、「一クラス上の世界観に寄り添うプレミアムスポーツモデル」という位置づけで、「グラムライツとして真正面から大口径に取り組んだ57FXXには、ブランド初となるRCF鋳造20インチサイズを設定。レーシングホイール由来のスポークシルエットは、トップ部は限りなく細く、縦断面と呼ぶ奥行方向には質量を持たせることで軽さと強さを高次元で両立させています。またスポークの長さを際立たせるリムオーバーデザイン、そして鋭く落ち込むコンケイブデザインによって実際よりもさらに大きく見せる視覚効果も狙いのひとつ。リムフランジを延伸するRCF技術によって軽く、強いリムを実現するとともに1/2インチ刻みのリム幅設定も実現し、多様を極めるプレミアムカーの履きこなしにも応えました。」とRAYSのHPに記載されています。

このホイールの重量を計測してみたところ、10.00kgとなりましたので、重量的には普通のホイールと認定しました。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

RAYS Gramlights 57FXX 18inch 9J offset+45mm PCD114.3mm-5H(鋳造1ピース・RCF製法 アルミバルブ付き、70gバランスウエイト付き)10.00kg

18インチホイール重量ランキングはこちら!

RAYSでは、スピニング・フローフォーミング加工を取り入れた製法を「RCF」=レイズ・キャストフロー・フォーミング工法としています。RAYS Gramlights 57FXXは、鍛造ホイールにも用いられる、スピニング製法を鋳造リム成型に用いて鋳造ホイールの性能を飛躍的にアップさせるRCFが導入されるホイールなのです。しかしRAYSのHPを良く見ると、全てのサイズのRAYS Gramlights 57FXXが、RCF工法で製造されている訳ではないようです。18インチ、8J以上のサイズからRCF工法で製造されているという記述がありました。今回重量計測結果を公開したRAYS Gramlights 57FXX は、9JなのでRCF工法で作られたモデルなのですが、その重量は10.00kgとかなり重量級です。18インチは8Jを想定して「超軽量」、「軽量」、「普通」を認定しているので、今回重量を計測した9Jの Gramlights 57FXXは少しリムが太いことは確かなのですが、それでもこの重量だとGramlightsという名前がちょっと大げさに感じてしまいますね…

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク