ENKEI RS05RR 18inch 9.5J offset+35mm PCD120mm-5H 重量計測結果

スポンサーリンク

ENKEI RS05RR 18inch 9.5J offset+35mm PCD120mm-5H 重量計測画像

ENKEI RS05RRに関する投稿は、一昨日に続き今回で2回目なので、その説明については同じものを記載しています。

『NT03RR、GTC01RRと同じく、従来のENKEI Racingシリーズを上回るRacing Revolutionシリーズの一つとしてENKEI RS05RRは、存在しています。

エンケイのサイトでは、RS05RRについて「“Racing Revolution”という名の伝説よ、再び。ENKEIのレーシングスピリッツを継承しながらも、ドレスアップパーツとしてのアルミホイールのデザイン性を限界まで高めるというコンセプトの基に開発。フェイスデザインにはトレンドの『コンケーブ(中下がり)フェイス』を採用し、伸びやかで立体的なフォルムを実現。また、フロントフェイス/ミドルフェイス/リアフェイスの3種類を用意し、前/後でデザインを変える迫力のルックスを提案。機能面では「MAT-DURA FLOW FORMING」「アンチスリップペイント」の採用によりENKEIの最新テクノロジーにアップデート。さらにエモーショナルなデザインと最新テクノロジーを手に入れた「RS05RR」はクールな走りを熱く演出する。」とあります。』

RS05RRは、アルミホイールのデザイン性を限界まで高めるドレスアップパーツとしての面をもっていますが、応力分散に優れる15本スポークデザイン採用を採用することで、エンケイブランドの中でも高剛性を誇るGTC01、RSM9を上回る高剛性化がはかられており、そのスポーク形状により積極的にタイヤハウス内の熱を排出し、ブレーキ冷却においても効果を発揮する、正に“Racing Revolution”なホイールなのです。

このホイールの重量を計測してみたところ、9.05kgとなりましたので、重量的には普通のホイールと認定しました。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

ENKEI RS05RR 18inch 9.5J offset+35mm PCD120mm-5H (鋳造1ピース・MAT製法 アルミバルブ付き、30gバランスウエイト付き) 9.05kg

18インチホイール重量ランキングはこちら!

今回重量計測結果を公開したENKEI RS05RRは残念ながら、重量的に普通のホイール認定止まりでした。もう100g軽ければ軽量ホイール認定となっていたので少し惜しいですね。リム幅が9.5Jと少し太めなので、この結果でも仕方が無いと言えるでしょう。一昨日に重量計測結果を公開した8.5JのENKEI RS05RRは軽量ホイール認定となっています。

今回重量計測結果を公開したENKEI RS05RRはセンターキャップがBMW用になっています。当然PCD120mm-5Hタイプで、オフセットの設定から、3シリーズのリアに最適なサイズだと思われます。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク