RAYS VOLK Racing CE28N 17inch 7.5J offset+43mm PCD100mm-5H 重量計測結果 その2

スポンサーリンク

RAYS VOLK Racing CE28N 17inch 7.5J offset+43mm PCD100mm-5H 重量計測画像2

RAYS VOLK Racing CE28Nに関する投稿は、今回で13回目なので、その説明については以前と同じものを記載しておきます。

『RAYSのサイトでCE28Nの情報を見てみると、「すべてのモデルで軽量を謳うボルクレーシングにおいて、CE28Nこそ最も軽量なホイールです」と、RAYS自らが最軽量であることを明言していることもあり、日本を代表する超軽量ホイールブランドだといっても過言ではないでしょう。5穴タイプは全て10スポークになっていますが、小排気量車種向けとなる4穴タイプでは、より軽量に仕上げられる8スポークのモデルになっていて、軽さに対するRAYSの強いコダワリが感じられるモデルだと言えるでしょう。CE28Nは、TE37同様にその名称の中で軽量さを示しています。東京モーターショーのRAYSのブースで、RAYSのスタッフの方に確認しましたが、CE28NのCEは、「COMPETITION EVOLUTION」の略で、14inch、5.5JのCE28Nが2.8kgであることから命名されています。』

このホイールの重量を計測してみたところ6.25kgとなりましたので、超軽量ホイールと認定しました。

※軽量ホイール・超軽量ホイールの定義はこちら

RAYS VOLK Racing CE28N 17inch 7.5J offset+43mm PCD100mm-5H(鍛造1ピース、アルミバルブ付き、10gバランスウエイト付き)6.25kg

17インチホイール重量ランキングはこちら!

オークションなどでは高値で取引され、人気の高いCE28Nは、一般的なサイズだけではなく、競技用の特殊なサイズもラインナップしていることから、ジムカーナ等の競技関係者からも支持が高いホイールですが、今回重量を計測したこのサイズは、特に競技用の特殊なサイズと言う訳ではないと思います。GC8型、GDB型インプレッサ、スバルレガシィ等PCD100mm-5Hタイプを採用するスバル車全般に適したサイズサイズだと思います。

因みに、今回重量計測結果を公開したRAYS VOLK Racing CE28Nと全く同じサイズの重量データを以前公開していますが、その時の重量は6.35kgでしたので、今回のホイールの方が100g程軽量でした。これは計測誤差の範囲ですかね…

 

CE28Nで15種、派生ブランドのCE28NFで2種の重量計測データを一挙公開

VOLK Racing CE28N重量まとめはこちら!

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク