ホイールを塗装するのはちょっと待った!  ホイール塗装の是非

スポンサーリンク

ホイール塗装の是非

工場出荷時の塗装のままのホイールを、オリジナル塗装ホイール、工場出荷後に別な塗装が施されたホイールは後塗りホイールとでも呼ぶのが一般的なのでしょうか。

  • オリジナルの塗装が褪せたから、
  • ガリ傷が目立ってきたから、
  • 今乗っている車の車体の色に合わせたいから、
  • なんとなく飽きて来たから、

様々な理由でホイールは新しい色に塗り替えられてしまいます。

後塗りホイールは、持ち主自身が缶スプレーで塗装したものから、塗装工場に持ち込んで、きちんと塗装したものまで、レベルの差が大きいですが、いずれにしろ、リセールバリューのあるホイールを安易に塗装しない方が良いと思います。

何故ならば、オークションをよく見ていると、後塗りホイールはどれも、オリジナル塗装のホイールより人気がないからなのです。

例え、プロに塗装を任せたホイールであっても、出荷時のオリジナル塗装のホイールの方が高い人気であることが多いのです。

そもそも、他人の好みのカラーで後塗りされたホイールが、別な人に好まれる可能性は極めて低いのです。

だから、リセールバリューのあるホイール、例えば絶版の軽量ホイールなどは、その時の気持ちに流されて、安易に後塗りしない方が絶対に良いのです。

 

でも…

オリジナル塗装が褪せたら、

ガリ傷が目立ってきたら、

今乗っている車の車体の色に合わせたくなったら、

なんとなく飽きて来たら、

やっぱり後塗りしたくなりますよね?

それなので、それぞれのケースごとに、おすすめの対応を考えてみました。

オリジナル塗装が褪せてきたら

先ずは細か目のコンパウンドで磨くことをおススメします。色褪せた塗装表面をコンパウンドを使ってミクロン単位で剥げば、あら不思議!ピカピカと言っても良いくらいになるのです。軽量ホイールにありがちな、ホワイト、マットブラックなどの非メタリック系カラーのホイールならば、これだけで大分綺麗になります。最後にワックスやコーティング剤を塗布すれば、綺麗な状態を長い時間保てます。

ただし、塗装ではないアルマイト皮膜やクロームメッキ系のホイールには対応できないので注意が必要です。

ガリ傷が目立ってきたら

ガリ傷を補修し、オリジナル塗装に合わせたタッチアップペイントを塗る方が、後塗りするよりもホイールのリセールバリューを損ねないと思います。

ガリ傷補修のコツは

  1. 丁寧な下地づくり
  2. ホイールのカラーに合わせた調色
  3. 境目のぼかし

の三点です

ガリ傷補修の仕方は、別記事でアップしていますので、詳しくはそちらをご参照下さいね。

タッチアップペイントによるホイールのガリ傷補修のしかた 気を付けるべき3つのポイント

こちらも、塗装とは異なるアルマイト皮膜や調色が困難なクローム系カラーのホイールは対応が難しいですね。

 

ここまでは、綺麗じゃなくなったホイールを元の状態に近づけるパターンなので、オリジナル塗装のカラーと変わりません。問題なのは、「今乗っている車の車体の色に合わせたくなったから」、「なんとなく飽きて来たから」というケースです。これらが理由である以上、オリジナル塗装とは異なるカラーで塗装しないと気持ちが治らないというケースですね。

 

こんな場合の最適な対応としては…

剥がせるラバー塗装で塗り変える

最近良く見かけるようになったラバー塗装で塗ってみることをおすすめします。

通常の塗装なら、一度塗ったら元に戻すことは簡単にはできませんが、ラバー塗装ならば塗装面にラバー塗装皮膜をはってあるだけなので、簡単、綺麗に剥がすことができるのです。さらに塗装面はラバーの膜が形成されるので傷防止にもなります。気に入った仕上がりにならなかったり、一度塗装した後に飽きて来たても、剥がしてしまえば元に戻る大変便利な塗装なのです。

「今乗っている車の車体の色に合わせたくなったから」、「なんとなく飽きて来たから」というケースには、まさにぴったりな塗装と言えるでしょう。

但し、良いこと尽くめに見える、このラバー塗装ですが、耐候性がせいぜい180日くらいなので長持ちしないですし、耐熱温度が100-150度くらいなので、ブレーキの排熱をモロに受けるリムの内側、車体側には使用を控えた方が良いと思います。

※ラバー塗装スプレー画像がないので、プラサフスプレーの画像で代用しました。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク