東京モーターショー2017 ホイールレポート 前編

スポンサーリンク

 

tokyo motor show gate東京ビックサイトで、10月25日から11月5日まで開催された東京モーターショー2017に行ってきました。今回の主な目的は、東京モーターショーの出展車両にどのようなホイールが装着されているのか取材すること。価格が安い16時以降入場のチケットを使ったので、限られた時間しかありませんでしたが、会場に展示されていた競技車両に装着されていたホイールを集中的に撮影してきました。会場が広いので、各社ブースを巡るのは肉体的に結構キツかったのですが、人ゴミで移動もままならない程は混雑していなかったので、一通り会場内を巡って撮影してきました。バブル前後の東京モーターショーを知る身としては、その当時と比べて来場者数が少なく、ちょっと寂しい感じでしたね。まぁその分動きやすくて助かりましたけれど…。

先ずはトヨタブースの展示競技車両です。ルマンを戦ったTS050 HYBRIDとWRC用のヤリスを撮影しました。
TS050 HYBRIDTS050 HYBRID-RAYS
こちらはTS050 HYBRIDです。ホイールはRAYSの「WEC MAGNESIUM FORGED RACING WHEEL 2017」ですね。名前の通りマグネシュウム鍛造ですので、相当軽量なのではないでしょうか?デザインも格好良いと思いました。しかし、そばにいた見知らぬ女性が、同行していた彼氏?と思しき人物に「レンコンみたいなホイールよね~」と言っているのが耳に入ってきました。ホイールに興味の無い人間にはそう見えるのでしょうかね。

続いてWRCのヤリスのターマック仕様です。ホイールにもボディにもホイールメーカーのスポンサードステッカーが貼られていないようなので、このホイールのメーカーは分かりませんでした。どこのホイールメーカーのものなのでしょうかね…、気になりますね。傍目に感じたのはPCDの大きさです。このホイールのPCDは114.3mmとか、120mmといったサイズじゃなさそうです。以前某オークションにスズキイグニスのターマック用ホイールが出品されていて、そのホイールのPCDは130mmとの説明がされておりました。恐らく、こちらのホイールのPCDもそれ位の大きさはありそうな感じです。
toyotayaristoyotayarisrwheel
F1の車両もMercedesとRenaultの2台が展示されていました。
先ずはMercedesのホイールです。OZですね。
mercedes amg petronas f1mercedes amg petronas f1fw

続いてRenaultです。こちらもホイールはOZですね。
renaultR.S.17renaultR.S.17FWブリジストンブースに展示されていたのは、日本人として初めてインディ500を制覇した佐藤琢磨選手が駆ったアンドレッティ・オートスポーツです。画像ではロゴが見にくいですが、こちらのホイールもOZでした。
indy500takumaindy500takumarw
フォーミュラカーは3台中3台、全ての車両にOZのホイールが装着されていました。フォーミュラカーにおけるOZのシェアってかなり高いのでしょうね。

アンドレッティ・オートスポーツのインディーカーが展示されていたブリジストンのブースの側面にはポテンザのレース用タイヤが組まれたホイールがありました。こちらは何に使われたタイヤ&ホイールかは不明ですが、TWSのホイールであることをホイールリムの刻印から確認しました。果たして何に使ったホイールなのか気になります…。
BSの謎のホイール
さらにその横にはブリジストンの新作ホイールPOTENZA RW006も展示されていました。

potenzarw006

最後は、ソニーインタラクティブエンターテイメントのブースに展示されていた「Zagato IsoRivolta Vision Gran Turismo concept(ザガート イソリヴォルタ ビジョン グランツーリスモ コンセプト)」です。

sony gt Zagato IsoRivolta Vision Gran Turismo concept
フロントホイールはこちら。

どこのメーカーの何という名前のホイールかは分かりませんが、その圧倒的な存在感は分かりました。

東京モーターショー2017のレポート前編はこれにて終了です。第二弾としてRAYSブースを取材した画像をまとめていますので、もう少しお待ちくださいね。

※東京モーターショー2017ホイールレポート後編はこちら

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク