D1GP 2017 TOKYO DRIFT in ODAIBAイベントレポート

スポンサーリンク

D1GP 2017 TOKYO DRIFT in ODAIBAイベントレポート2017年10月7日(土)、8日(日)の2日間、お台場で行われたD1GP 「2017 TOKYO DRIFT in ODAIBA」に参加していた競技車両のホイールを撮影してきました。

主催者発表によれば、公式入場者数は、無料エリアで29,130名、有料エリア で11,418名(どちらも2日間の合計人数)だそうです。会場の雰囲気からも分かりますが、かなり盛況といってよい感じでした。地方球場で行われるプロ野球1試合の入場者数に相当するこの人数を見ると、自動車関連イベントにおいて、D1GPは既にメジャーな存在になっていると言えるでしょう。白いタイヤスモークとスキール音を響かせ、真横を向きながら疾走するドリフト用競技車両には、どのようなホイールが履かれていたのかをレポートします。

先ずこちら。画像から判断すると、RAYSのglam LIGHTS 57Transcendですかね。↓

d1 glam LIGHTS 57Transcend1

装着車両は3台あり、結構使用率が高いですね。

続いてはこちら。画像から判断すると、同じくRAYS glam LIGHTSの 57XTREME SP SPECですかね。スポーク横に窪みがあるのでSP SPECだと思います。↓

d1 glam LIGHTS 57XTREME SP SPEC1

SP SPECではないglam LIGHTS 57XTREMEの STD SPECもありました。↓

d1 glam LIGHTS 57XTREME STD SPEC

glam LIGHTSは他に57FXXも…↓

d1 glam LIGHTS 57FXX

Gglam LIGHTS 以外のRAYSのホイールはこちらです。

リリースからそれほど経ってない、RAYSの最新ホイールと言ってもよいZE40。↓

d1 RAYS ZE40

そしてG25。↓

d1 RAYS G25

RAYSに続いて、自動車競技用のアルミホールと言えばENKEIです。このメーカーのホイールに触れないわけにはいけません。

先ずはNT03RRです。NT03は1998年にデビューして、その後NT03+Mになり、現在はその発展形ともいえるこのNT03RRになっています。↓

ENKEI NT03RR

ENKEIのRRシリーズつながりになりますが、次はRS05RRです。↓

ENKEI RS05RR

続いてGTC01RRです。↓

ENKEI GTC01RR

続いてRRなしのGTC01です。↓

ENKEI GTC01

ENKEIの刻印は見えるのですが、このホイールの名前は?フォルムはGTC01に似ているのですが、リムにGTC01のロゴがありません…。↓

ENKEI GTC01X

TANABEのSSRシリーズもありましたよ。先ずはGTX01ですかね。↓

SSR GTX01

続いて、既に絶版モデルとなってしまったTYPE Fです。↓

SSR TYPE F

WEDSのホイールは2ブランド見つけました。

先ずは最新のRN-05Nです↓

WEDS RN-05N

TC105Nは2台に装着されていました。↓

WEDS TC105N

お次は、久しぶりにPOTENZAのブランド名が冠されたPOTENZA RW006です。POTENZAブランドのアルミホイールとしては、前作R5以来約17年ぶりの復活となるそうです。色違いのRW006を装着している車両が2台ありました。↓

POTENZA RW006

WORKのホイールを履いている競技車も結構見られましたね。

これはEMOTION M8Rですかね。鮮やかなブルーがカッコいいです。↓

WORK EMOTION M8R

もう一台のEMOTION M8Rはこちら↓

WORK EMOTION M8R

こっちはEMOTION T7Rですね。ぶっといスポークが頑丈さを感じさせます。↓

WORK EMOTION T7R

少数派のホイールは

PRODRIVE GC-05K↓

PRODRIVE GC-05K

ADVAN Racing GTⅢ↓

ADVAN Racing GT3

といった感じです。

新興ホイールブランドもD1競技車両に使用されています。

先ずは、スポークに段があるのが特徴的なZ.S.SのWinningDG7R↓

ZSS WinningDG7R

続いて、Project D Spec-E↓

Project D Spec-E

多岐に渡るホイールブランドがD1に使用されていました。ドリフト競技におけるホイールの負荷はかなり高そうで、傷や塗装ハゲのあるホイールも多々ありました。酷いと最後の画像のZE40みたいに割れちゃうこともあるようです。ちょっと勿体ないですよね…

D1GP 2017 TOKYO DRIFT in ODAIBAでの使用アルミホイールレポートは以上です。また他の自動車イベントでも同様のレポートを予定していますのでご期待ください。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク